「勤労感謝の日」

皆さん、こんにちは!  

来週火曜日(23日)は、「勤労感謝の日」で祭日ですね?  
その為今日は、勤労感謝の日の由来について述べてみたいと思います。  
勤労感謝の日とは、「勤労をたっとび生産を祝い、国民互いに感謝し合う」という趣旨で制定された国民の祝日です。  
何か、分かったような分からないような祝日ですね(笑)?  
本来勤労感謝の日は、「新嘗祭」という祭祀に由来します。
「新」は新穀、「嘗」は奉る、つまり「新嘗」はその年に収穫された新穀を神様に奉って恵みに感謝する事を意味します。  
その為、新嘗祭の歴史は古く、日本書紀には飛鳥時代に行ったという記述があります。  
又現在でも新嘗祭は、宮中をはじめ全国の神社で行われており、五穀豊穣を祈願する祈年祭と並んで、重要な祭祀とされています。  
ちなみに新天皇が即位して初めて行う新嘗祭を「大嘗祭」と言います。 
新嘗祭が新嘗の日ではなく、勤労感謝の日になったのは1948年で、戦後のGHQの占領政策により改められました。  
皆さん、この日は美味しいご飯がいただける事に感謝して食べましょうね(笑)!  

今日は、ここまでです。

2021年11月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin