「夏祭り」

皆さん、こんにちは。  

相変わらず暑い日々が続いていますが、お盆も済んで皆さんの地元でも夏祭りが開催される事が多いのではないでしょうか?  
今日は「夏祭り」の話です。  
お祭りというと、現在はイベント、フェスティバルのように解釈されますが、本来は 「祀る」、つまり神様や、ご先祖の霊に対して行う儀式です。  
特に夏祭りは「除疫祭」、つまり田畑を食い荒らす害虫や、疫病の流行を免れる事を願う祭りです。  
これは、昔農耕が人々の生活基盤であった事から、農業にとって重要な時期に神様に祈るお祭りが行われた為、と言われています。  
皆さん、地元で夏祭りがあれば、浴衣姿で団扇を片手に行かれてはどうでしょう?  
地元の人達と親睦が図れますし、新たな出会いがあるかもしれませんよ(笑)?  

今日は、ここまでです。

2019年8月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「ギュスターブモロー展」

皆さん、こんにちは  。

先日、大阪の「あべのハルカス美術館」で開催されている「ギュスターブモロー展」へ行って来ました。  
モローはフランスの画家です。  
当時は印象派等写実主義が主流の中で、モローは人間の内面を見つめ、目に見えない世界を描き出そうとしました。  
そのような動きを「象徴主義」といい、モローは「象徴主義の巨匠」と言われています。
フランスのモロー美術館が所蔵する作品の展示が中心でしたが、一番よかったのはユダヤの王女サロメと、洗礼者ヨハネの首の幻影が対峙する「出現」という作品ですね。  
皆さんも教科書等で一度は見た事がある作品だと思いますが、原画はよかったですよ(笑)。
「ファムファタル」男性を誘惑し破滅に導く美しき宿命の女、という意味ですが、まさにファムファタルのシンボルと言われる女性が、このサロメです。  
皆さん、京都の大文字の送り火(お盆)は終わっても、まだまだ何処へ行っても暑いですから、たまにはクーラーの効いた涼しい美術館で芸術鑑賞はどうでしょう(笑)?  
ちなみに、9月23日まで開催されていますからね。  

今日は、ここまでです。

2019年8月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「盆踊り」

皆さん、こんにちは!  

お盆も今日で終わりですが、お盆はしっかり休めましたか(笑)?  
今日は、夏祭りの代表格である「盆踊り」の話です。  
最初に盆踊りは、単なるサマーイベントではありません!  
本来盆踊りは、お盆で帰って来た祖先の霊を慰める「霊鎮め」の行事です。
「念仏踊り」(自分で念仏を唱えながら踊る)から、「踊り念仏」(念仏を唱える人と、踊る人が異なる)に発展した踊り(代表的なのものに一遍上人の時宗があります)ですが、盂蘭盆(お盆の事)と結びつき、精霊を慰めたり送り出したりする行事になった、と言われています。  
正式には15日の晩に盆踊りをし、16日に精霊送りをするのもその為だそうです。  
有名な「京都五山の送り火」と、趣旨・内容は同じですね?  
皆さん、このように盆踊りは、お盆の締めくくりにはなくてはならない行事ですので、時間が許す限り極力参加するようにして下さいね!

今日は、ここまでです。

2019年8月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「お盆」

皆さん、こんにちは!

連日猛暑が続いていますが、いよいよ来週からお盆ですね(笑)?  
という事で今日は、「お盆の由来」についてのお話です。  
お盆は、正式には「盂蘭盆」と言い、古代インド語であるサンスクリット語の「ウラバンナ」を漢字にあてはめた言葉です。  
昔々お釈迦様の弟子である「目連尊者」が、ある時、神通力を発揮して死んだ母親を探してみると、餓鬼道に堕ちて飢えに苦しんでいました。  
そこで何とか救う方法はないのか? とお釈迦様に教えを請い、言われた通り修行僧にお布施や供養を施したところ、その功徳により母親は無事極楽浄土に往生する事ができたとされており、この時の盛大な法会(布施や供養)が後にお盆の起源になった、と言われています。  
皆さん、お盆のこの時期ぐらいは亡くなった家族の人や、先祖の供養をしてはいかがでしょうか?  
ちなみに我が家では、僕が嫁さんが作った袈裟を着てお坊さんの恰好をして、お経をあげるのが毎年恒例の行事です(笑)。  

今日は、ここまでです。

2019年8月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「山の日」

皆さん、こんにちは!

8月11日(日)は、「山の日」ですね?  
ところで皆さん、山の日の由来はご存じですか(笑)?  
山の日は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という国民の祝日です。  
特に他の祝日と異なり、山に関する特別な出来事等明確な由来があるわけではなく、 「山の日」を国民の祝日にしようという様々な動きによってできました。  
日本は国土のおよそ7割が山地で、回りを海に囲まれている為、山や海に畏敬の念を抱きながら、それらの恵みに感謝しながら自然と共に生きてきました。  
1995年に「海の日」が国民の祝日になると、山梨県等で山の日ができ、2010年には日本山岳協会等山岳5団体が「山の日制定協議会」を設立し運動が全国に広がると、2014年に「山の日」が制定され、2016年に施行されました。  
皆さん、山の日には特に山の恵みに感謝しましょうね(笑)。  

今日は、ここまでです。

2019年8月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「お中元」

皆さん、こんにちは!  

今日は、「お中元」の由来に関して述べたいと思います。  
そもそも古代中国では、上元(1月15日)・中元(7月15日)・下元(10月15日)を合わせて「三元」と言い、罪を償う日として一日中火を焚く風習があったそうです。  
これに対して日本では、上元(小正月)・中元の行事はあったようですが、下元の風習はもともとなかったようです。  
その為、特に「中元」は、仏教でいうお盆の行事と結合して、広く行われるようになりました。  
つまりお盆では亡き人(死者)を供養し、お供え物を捧げますが、中元では日頃お世話になっている人(生者)に、感謝の気持ちとして贈り物をする事になった、と言われています。  
どうですか? 
お中元の意味が分かりましたでしょうか(笑)?  
ところで、もうお中元は贈りましたか?  
通常は〜7月中旬頃までに贈りますので、まだの人は直ぐに送って下さいね(笑)!  

今日は、ここまでです。

2019年7月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「印象派からその先へ」展

皆さん、こんにちは!  

先日、兵庫県立美術館で開催されている「印象派からその先へ」展に行って来ました。  
これは、山形県を発祥とする石膏ボードで有名な大手建材メーカー吉野石膏によって収集された「吉野石膏コレクション」の作品集です。  
内容は、19世紀から20世紀にかけて描かれたフランス近代絵画を中心に、モネ・ルノワール・セザンヌ・ピカソ・シャガール等といった画家の作品も含めて全部で約72点が展示されていました。  
この中で僕が一番よかったのは、ルノワールが書いた「シュザンヌ・アダン嬢の肖像」と言う絵ですね。  
まだルノワール得意の豊満な女性の肉体を描く前の作品で、見ていて涼しそうな作品でした(笑)。  
皆さん、今は梅雨の時期で何処へ行っても蒸し暑いですから、たまにはクーラーの効いた涼しい美術館で、芸術鑑賞はどうでしょう(笑)?  
ちなみに7月21日まで開催されていますからね。  

今日は、ここまでです。

2019年7月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「海の日」

皆さん、こんにちは!  

来週月曜日は、「海の日」で祝日ですね(笑)?  
ところで皆さん、海の日の由来はご存じですか?  
当初は、1996年に7月20日が「海の記念日」つまり国民の祝日として施行されましたが、2003年に祝日法が改正され、ハッピーマンデーにより「7月第3月曜日」が海の日になりました。
祝日になる前は「海の記念日」という記念日でした。  
これは、1876年(明治9年)に明治天皇が東北巡幸された時に、軍艦ではなく「明治丸」という灯台巡視船で航海し、7月20日に横浜に無事寄港された事に由来するそうです。  
又海の日は「海の恩恵に感謝すると共に、海洋国家日本の繁栄を願う」という趣旨で祝日に制定されました。
ちなみに、7月1日から31日までの1か月間が「海の月間」になっています。
ただ世界の国々の中で、「海の日」を国民の祝日にしている国は、唯一日本だけだそうです(笑)。  
皆さん、海の日は特に海の恵み=魚介類等に感謝しましょうね(笑)。  

今日は、ここまでです。

2019年7月12日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「七夕」

皆さん、こんにちは!  

今週末は、「七夕」ですね?  
という事で、今日は年に一度織姫と彦星が天の川を越えて出会うとされている「七夕」に関するお話です。  
七夕とは、奈良時代に中国から伝わった伝説と、日本古来の風習等が結びついて現在のような形になったと言われています。  
中国から伝わった伝説というのは、遊んでばかりで全然働かない織姫と彦星を天帝が戒め、真面目に働く事を条件に年に一度だけ会う事が許された、という七夕伝説。  
日本古来の風習というのは、日本では昔から農村部のお盆(旧暦の7月15日)に祖霊を迎える禊の行事がありました。
「先祖祭り」と言って、収穫した麦や雑穀をお供えしてご先祖様に感謝したそうです。
この2つが合体して「七夕」になった、と言われています。  
皆さん、七夕の日にはお子さんと一緒に願い事を書いた短冊を、笹竹にぶら下げてお祈りしてみてはどうでしょう?  
案外、願い事が叶うかもしれませんよ(笑)!  

今日は、ここまでです。

2019年7月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「金融機関を回って」

皆さん、こんにちは!  

梅雨の蒸し暑い中、毎年恒例の金融機関(大手都市銀行・信託銀行・証券会社)巡りへ行って来ました。  
店頭で担当者の話を聞いていますと、かっての金融庁の指導による影響で高利回り商品がない・又は少ない銀行や証券会社がほとんどですね?  
ただいつも言ってるように、値上がり益を求める運用を行うのであれば、わざわざ高い手数料を取られるファンドより、自分で直接選んだ個別株式や、金融庁お勧めのETF、又さわかみファンド等独立系の運用会社が作ったファンドの方が、手数料が安い分いいと思いますが、皆さんはどうですか?  
それに、値上がり益を追求する運用=売買で儲ける運用は、買う時期・売る時期が非常に難しい(まだはもうなり、もうはまだなり)ですよ(笑)!  

今日は、ここまでです。

2019年6月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin