「体育の日」

皆さん、こんにちは。

10月14日(月)は、「体育の日」ですね?  
今日は、体育の日の由来に関する話です。  
体育の日は、S39年に日本で初めて開催された東京オリンピックを記念し、S41年に 「スポーツに親しみ、健康な心身をつちかう日」として制定された国民の祝日です。  
当初は10月10日で、東京オリンピックの開会式が行われた日に制定されたようですが、その後「ハッピーマンデー制度」が適用され、10月の第2月曜日になりました。  
又当初10月10日になったのは、晴れの特異日(ある気象状態が高い確率で現れる特定の日の事)であった為、と言われています。
「食欲の秋」・「スポーツの秋」ですので、皆さんもたまにはスポーツで汗を流してはどうでしょう?  
メタボの人はダイエットにもなりますよ(笑)。  

注)来年(2020年)は、東京オリンピックが開催される為、名称が「体育の日」から「スポーツの日」に変わり、祭日も10月から7月に変わる予定です。

今日は、ここまでです。

2019年10月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「神無月」

皆さん、こんにちは。

いよいよ10月ですね?  
10月は和暦では「神無月」と言いますが、知ってましたか(笑)?  
知っていたという人に再度質問、では何故「神無月」というのでしょうか?  
今日は、その語源・理由について述べたいと思います。  
神様が無い月と書いて「神無月」、神様が在る月と書いて「神在月」といいます(笑)。
つまり10月は、全国の八百万の神様が一部の留守神様を残して、「出雲大社」へ会議に出かけてしまう(出張?)=神様が無い月、がその理由です。
その為、逆に出雲地方では10月は「神在月」といいます。  
では出雲に集まった神様は、出雲大社で何をされているのでしょう?  
出雲大社に集まった神様は、「一人一人の運命や縁を話し合う」とされています。  
又来年の天候、農作物の収穫や酒の出来栄え等も話し合う、とされています。  
皆さん、機会があれば一度「出雲大社」にお参りされてはどうでしょう?  
よい「ご縁」に恵まれるかもしれませんよ(笑)。

今日は、ここまでです。

2019年10月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「北陸旅行(3)」

皆さん、こんにちは。  

先日遅い夏休みを取って、嫁さんと二人で車で北陸へ旅行に行ってきました。  
その為今日は、北陸旅行3日目という事で「滋賀観光」について述べたいと思います。  
3日目は、下記内容で回ってきました。  
山中温泉 → 多賀大社 → 彦根城 → 自宅へ。  
今回も観光が少なかったのは、初日にあった事故の影響で、車を修理している間にと与えられた配車のトラブルの為です(苦笑)。  
配車の車がこれしかない・・という事で与えられた車が古い軽自動車で、高速道路を走っていると、急に上下の振動が大きくなりました。  
こんなに振動が大きかったかな? と思って走ってると、同じ高速道路を走っていた別の車が「タイヤがバーストしている」とわざわざ教えてくれました。  
その為、最寄りのインターですぐ下車して、タイヤ交換できるガソリンスタンドを見つけて直してもらった為です(苦笑)。  
それはさておき「多賀大社」は、太閤秀吉が寄進したとされる庭がよかったですね。
又「彦根城」は、次期世界遺産候補というだけあって大きくて、見ごたえがありましたね?  
でも大阪城のようにエレベーターがないですから、天守閣まで登るのに急な階段で難儀しますよ(笑)。  
最後に、自動車の運転免許取って40年以上ですが、今回初めて経験する車の種々のトラブルに巻き込まれ難儀しましたが、旅行そのものはよかったと思います(笑)。  

今日は、ここまでです。

2019年9月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「北陸旅行(2)」

皆さん、こんにちは。  

先日遅い夏休みを取って、嫁さんと二人で車で北陸へ旅行に行ってきました。  
その為今日は、北陸旅行2日目という事で「福井観光」について述べたいと思います。
2日目は、下記内容で回ってきました。  
あわら温泉 → 東尋坊 → 永平寺 → 恐竜博物館 → 山中温泉(泊)。
「東尋坊」は何回か来てますが、やはり岸壁の高い所から下を見た景色は凄いですね?  
ちょうど観光船が下に停泊していましたが、船が小さく見えました。  
今回は観光船にも乗りましたが、ちょうど台風が去った後で波が荒く、景色どころか船酔いしそうでした(苦笑)。
「永平寺」も過去何回か来ていますが、暑い時だったせいか、受付けの玄関から上の本堂へ上がる階段が急で又長く、登るだけで疲れました(苦笑)。  
でも門前町で食べた「越前そば」は、シコシコして美味しかったです(笑)。  
最後は、「恐竜博物館」へ行きました。  
今回初めて行きましたが、テーマパークのように敷地内に実物大の恐竜が展示してあり、博物館内で陳列されていた恐竜の骨を見てますと、こんな大きな恐竜が大昔の地球で歩き回っていたのか? と思うと、ロマンがあってよかったです。  
でも嫁さんによると「骨しかないのでつまらない・・」と、言っていました(笑)。  
最後は「山中温泉」に宿泊しましたが、温泉の湯加減もちょうどよく、城崎温泉のように街全体が温泉街といった風情があってよかったです!  
でもあわら温泉に比べてメジャーなせいか、宿で飲んだ地酒は高かったですね(苦笑)。  

今日は、ここまでです。

2019年9月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「北陸旅行(1)」

皆さん、こんにちは。  

先日遅い夏休みを取って、嫁さんと二人で2泊3日で車で北陸旅行に行ってきました。  
その為、今日から3回にわたって北陸旅行に関して感想等を述べたいと思います。  
初日は、「滋賀観光」という事で下記内容で行って来ました。  
日吉大社 → 近江神宮 → あわら温泉(泊)。  
初日の観光が少ないのは、高速道路に乗る料金所の手前でいきなりトラックが横から割り込んできた為、接触事故が発生し、その対応で時間がかかった為です(苦笑)。  
それはさておき、延暦寺は何度か行った事がありますが、同じ比叡山に鎮座する「日吉大社」は今回初めて行きました。  
感想として、延暦寺も大きいですが、日吉大社も大きかったですね?  
門前で食べた「蕎麦」が手打ち蕎麦で、美味しかったですよ(笑)。
「近江神宮」は、映画「ちはやぶる」にも登場するように、百人一首競技かるたの聖地と言われ、境内はそんなに大きくないですが、石階段から眺めた景観がよかったです。  
最後に、あわら温泉に泊まりました。  
温泉自体は熱かったですが、宿で飲んだ地酒が安くて、美味しかったです(笑)!  

今日は、ここまでです。

2019年9月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「京博寄託の名宝展」

皆さん、こんにちは。  

先日、京都国立博物館で開催されている「京博寄託の名宝展」へ行って来ました。  
これは9月に国際博物館会議(ICOM)の世界大会が京都で行われる事を記念しての特別展です。  
内容は、京都の寺社等に伝わる貴重な文化財を、京都国立博物館が大切に保管(寄託)している中から、選りすぐりの名品を展示したものです。  
例えば、建仁寺所有で琳派の俵屋宗達が書いた国宝「風神雷神図屏風」や、神護寺所有の国宝「伝源頼朝像」といった歴史の教科書に載っていたような作品が、それも本物が展示されていました。  
実際に本物を見た感想は、両方共作品自体が相当大きいですね?  
その他、陶磁器の名品、出土遺物、平安仏画、仏像・神像等も展示されていましたから、見ごたえは十分ですよ。  
9月16日まで展示されていますので、まだまだ残暑が厳しいこの季節、クーラーの効いた涼しい美術館・博物館で芸術鑑賞はどうでしょう(笑)?  

今日は、ここまでです。

2019年9月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「夏祭り」

皆さん、こんにちは。  

相変わらず暑い日々が続いていますが、お盆も済んで皆さんの地元でも夏祭りが開催される事が多いのではないでしょうか?  
今日は「夏祭り」の話です。  
お祭りというと、現在はイベント、フェスティバルのように解釈されますが、本来は 「祀る」、つまり神様や、ご先祖の霊に対して行う儀式です。  
特に夏祭りは「除疫祭」、つまり田畑を食い荒らす害虫や、疫病の流行を免れる事を願う祭りです。  
これは、昔農耕が人々の生活基盤であった事から、農業にとって重要な時期に神様に祈るお祭りが行われた為、と言われています。  
皆さん、地元で夏祭りがあれば、浴衣姿で団扇を片手に行かれてはどうでしょう?  
地元の人達と親睦が図れますし、新たな出会いがあるかもしれませんよ(笑)?  

今日は、ここまでです。

2019年8月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「ギュスターブモロー展」

皆さん、こんにちは  。

先日、大阪の「あべのハルカス美術館」で開催されている「ギュスターブモロー展」へ行って来ました。  
モローはフランスの画家です。  
当時は印象派等写実主義が主流の中で、モローは人間の内面を見つめ、目に見えない世界を描き出そうとしました。  
そのような動きを「象徴主義」といい、モローは「象徴主義の巨匠」と言われています。
フランスのモロー美術館が所蔵する作品の展示が中心でしたが、一番よかったのはユダヤの王女サロメと、洗礼者ヨハネの首の幻影が対峙する「出現」という作品ですね。  
皆さんも教科書等で一度は見た事がある作品だと思いますが、原画はよかったですよ(笑)。
「ファムファタル」男性を誘惑し破滅に導く美しき宿命の女、という意味ですが、まさにファムファタルのシンボルと言われる女性が、このサロメです。  
皆さん、京都の大文字の送り火(お盆)は終わっても、まだまだ何処へ行っても暑いですから、たまにはクーラーの効いた涼しい美術館で芸術鑑賞はどうでしょう(笑)?  
ちなみに、9月23日まで開催されていますからね。  

今日は、ここまでです。

2019年8月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「盆踊り」

皆さん、こんにちは!  

お盆も今日で終わりですが、お盆はしっかり休めましたか(笑)?  
今日は、夏祭りの代表格である「盆踊り」の話です。  
最初に盆踊りは、単なるサマーイベントではありません!  
本来盆踊りは、お盆で帰って来た祖先の霊を慰める「霊鎮め」の行事です。
「念仏踊り」(自分で念仏を唱えながら踊る)から、「踊り念仏」(念仏を唱える人と、踊る人が異なる)に発展した踊り(代表的なのものに一遍上人の時宗があります)ですが、盂蘭盆(お盆の事)と結びつき、精霊を慰めたり送り出したりする行事になった、と言われています。  
正式には15日の晩に盆踊りをし、16日に精霊送りをするのもその為だそうです。  
有名な「京都五山の送り火」と、趣旨・内容は同じですね?  
皆さん、このように盆踊りは、お盆の締めくくりにはなくてはならない行事ですので、時間が許す限り極力参加するようにして下さいね!

今日は、ここまでです。

2019年8月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「お盆」

皆さん、こんにちは!

連日猛暑が続いていますが、いよいよ来週からお盆ですね(笑)?  
という事で今日は、「お盆の由来」についてのお話です。  
お盆は、正式には「盂蘭盆」と言い、古代インド語であるサンスクリット語の「ウラバンナ」を漢字にあてはめた言葉です。  
昔々お釈迦様の弟子である「目連尊者」が、ある時、神通力を発揮して死んだ母親を探してみると、餓鬼道に堕ちて飢えに苦しんでいました。  
そこで何とか救う方法はないのか? とお釈迦様に教えを請い、言われた通り修行僧にお布施や供養を施したところ、その功徳により母親は無事極楽浄土に往生する事ができたとされており、この時の盛大な法会(布施や供養)が後にお盆の起源になった、と言われています。  
皆さん、お盆のこの時期ぐらいは亡くなった家族の人や、先祖の供養をしてはいかがでしょうか?  
ちなみに我が家では、僕が嫁さんが作った袈裟を着てお坊さんの恰好をして、お経をあげるのが毎年恒例の行事です(笑)。  

今日は、ここまでです。

2019年8月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin