「ボーナスの由来」

皆さん、こんにちは!  

サラリーマンの皆さんは、いよいよ待ちに待った冬のボーナスの季節ですね(笑)。  
でも今年は、例のコロナの影響で前年に比べ減少になった人が多いかもしれません?  
ちなみに僕は自営業者である為、ボーナスはありません(泣)。   
それはさておき、今日は「ボーナスの由来」に関するお話です。  
ボーナスの語源はローマ神話に出てくる成功・収穫の神「BONUS・EVENTUS(ボヌス・エベントス)」が語源になった、と言われています。  
日本では江戸時代から、奉公人が盆や正月に小遣いを貰ったり、着物を新調してもらったりする習わしがあった、とされています。  
ちなみに、日本で初めて会社としてボーナスを出したのは、岩崎弥太郎が設立した「三菱商会」と言われています。  
皆さん、大切なボーナスはよく検討して、くれぐれも変なものに投資・使わないで有意義に使いましょうね(笑)!  

今日は、ここまでです。

2020年11月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「世界三大夜景」

皆さん、こんにちは!  

最近は気温の寒暖の差が激しく、特に朝・夕が寒いですが、紅葉の季節ですね?  
という事で今日は、秋の夜空に映える夜景に関するお話です。  
皆さん、「世界三大夜景」はどこか、ご存じですか?  
正解は、「北海道の函館」「イタリアのナポリ」「中国の香港」です。  
ところが、夜景観光コンベンションビューローにて「世界新三大夜景」が発表されました。  
選ばれたのは「中国の香港」「フランスのモナコ」「日本の長崎」です。  
長崎が選ばれた選定理由として、長崎は港町として情緒あふれる夜景で、多方面から夜景観賞ができる為、だそうです。  
ところで「日本三大夜景」はどこか、ご存じですか?  
正解は「北海道の函館」「長崎」「神戸の六甲山」です。  
今はもう秋も深まり空気も澄んでいますので、皆さんも機会があれば、展望台等高台で夜景を楽しんでみてはどうでしょう?  
でも見る時は、防寒をしっかりしてから見ましょうね!
さもないと、寒くて風邪を引きますからね(笑)。

今日は、ここまでです。

2020年11月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「七五三」

皆さん、こんにちは!  

いよいよ七五三(11月15日)ですね?  
その為今日は、「七五三」の由来について述べてみたいと思います。  
昔は乳幼児の死亡率が高かった為、子供が3歳になると無事に乳児期を過ごしたという事でお祝いをしていました。  
7歳になると地元の氏神様へお参りに行って、無事に成長した子供の姿を氏神様に見せて、感謝と共に地域社会の一員になった事を認めてもらう大切な行事、とされていました。  
又当時の武士の家では、3歳の男女:髪置き(髪を伸ばす)、5歳の男子:袴着(袴を着る)、7歳の女子:帯解き(帯を使う)、という儀式が行われていましたが、現在行われている七五三は、江戸時代の中期から広まったものとされています。  
特に、着物を着て有名神社にお参りする習わしは、江戸の呉服屋と有名神社が起案したお参りの方法が、庶民の間に広まったもの、と言われています。  
その為七五三の時は、京都や奈良等の有名神社に出かけなくても、地元の神社で構いませんので、お参りして、お子さんの成長をお祝いしてあげましょうね(笑)!   

今日は、ここまでです。

2020年11月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「奇才展」

皆さん、こんにちは!  

あべのハルカス美術館で「奇才展」が開催されていましたので、先日行ってきました。
従来、江戸絵画史は流派別に語られ、各流派の様式からはみ出した絵師達は「異端」として無視されてきました。  
しかし1960年代後半から既成の殻を打ち破り、自由で斬新な発想をする異端の絵師達を 「奇才の系譜」として見直そうという動きが活発になりました。  
こうした奇才の絵師達を規制の殻を打ち破った絵師と捉えれば、装飾性を絵画の世界に持ち込んだ琳派と言われる「俵屋宗達」「尾形光琳」や、写生の新しい方向を試みた 「円山応挙」等も含めるべきと考え、そうした奇才の絵師達の展覧会です。  
重要文化財級の作品も何点か展示されていましたが、僕が一番よかったのは「曽我蕭白」の「群仙図屏風」でしたね。  
曽我蕭白は、本で何度か作品等を見て変わった絵を書く人だと思っていましたが、実際の作品を見てますと、この思いをさらに強くしましたね(笑)。  
11月8日まで開催していますので、芸術の秋に相応しい美術鑑賞はどうでしょう?  

今日は、ここまでです。

2020年11月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「ハロウィン」

皆さん、こんにちは!  

明日は、いよいよ「ハロウィン」ですね?  
ハロウィンって、皆さんご存知ですか?  
そうです、カボチャのお面です(笑)。  
それはさておき、今日はこのハロウィンに関して述べたいと思います。  
ハロウィンとは、キリスト教でいう万聖節(諸聖人を記念する日)の前夜に行われるお祭りの事です。  
古代ケルト人の「収穫感謝祭」がキリスト教に取り入れられたもので、古代ケルトの暦では11月1日より新年が始まる為、その前夜(大晦日)には死者の霊がこの世に戻ってくると考えられており、悪魔や悪霊も出てくる、とされていました。  
そこで悪霊から身を守る為に、オレンジ色のかぼちゃをくり抜いて怖い顔を刻み、家の前に飾って悪霊を追い払ったのが由来、とされています。  
お盆の時に、ご先祖様の霊を一生懸命おもてなしする日本とは、意味合いが全く正反対ですね(笑)。  

今日は、ここまでです。

2020年10月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「東京で神社巡り」

皆さん、こんにちは!  

先日「FPフェアー2020」が東京国際フォーラムで開催され、行ってきました。  
その時の状況は先週書きましたが、翌日東京で神社巡りをしまして、今日はその時の様子を述べてみたいと思います。  
当日は、日枝神社 → 東京大神宮 → 湯島聖堂 → 神田神社 → 秋葉原 → 帰路へ、という内容で行って来ました。  
東京は京都・奈良等と異なり、余り寺社仏閣には縁がないところというイメージが強いですが、回ってみるとそれなりにいろいろありますね?  
特に江戸幕府を開いた徳川家康が、織田信長と異なり割りと信心深かった人のようで、家康・家光の時代に大部分の神社が増築・整備されたようです。  
回った中では、祭りで有名な「日枝神社」と「神田神社」の社殿が立派でよかったです。  
又「湯島聖堂」は、参拝者も少なく静かに見学でき、社殿や展示物等歴史の重みを感じる風情があって、よかったです。  
皆さんも機会あれば、初詣の時以外に都内の神社等へ参拝されてはどうでしょう?
何か、御利益があるかもしれませんよ(笑)。  

今日は、ここまでです。

2020年10月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「FPフェアー2020」

皆さん、こんにちは!  

先日「FPフェアー2020」が東京国際フォーラムで開催され、行ってきました。  
今日は、その時に感じた事を述べたいと思います。  
今回から、FPフェアーの仕組みが変わりまして、セミナーが複数なく1つだけで、選べなくなりました。  
その分、教室・席が固定で、セミナー毎にわざわざ荷物を持って東京国際フォーラムの中を移動するという事がなくなり、よかったです(笑)。  
又今回のセミナーはほとんどが大学の教授で、理論を中心に講義されていました。  
理論は理論として実際は・・・、という実務家の先生は1人だけだったと思います。
僕にしてみれば、理論は本を読めば書いてますが、実際はどうなのか? という実際の経験にもとづいた話が聞きたかったですが、大学教授のセミナーは大学の講義のようで、ひたすら眠かったです(苦笑)。  
又去年まであった企業ブースもなくなり、以前に比べ、小じんまりとしたやや寂しいフェアーだったかな? と思います。
来年に期待したいと思います。

今日は、ここまでです。

2020年10月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「世界三大夜景」

皆さん、こんにちは!  

最近は気温の寒暖の差が激しく、特に朝・夕が寒くなってきてますが、夜空が綺麗ですね?  
という事で今日は、秋の夜空に映える夜景に関するお話です。  
皆さん、「世界三大夜景」はどこか、ご存じですか?  
正解は、「北海道の函館」「イタリアのナポリ」「中国の香港」です。  
ところが、夜景観光コンベンションビューローにて、「世界新三大夜景」が発表されました。  
選ばれたのは「中国の香港」「フランスのモナコ」「日本の長崎」です。  
長崎が選ばれた選定理由として、長崎は港町として情緒あふれる夜景で、多方面から  夜景観賞ができる為、だそうです。  
ところで「日本三大夜景」はどこか、ご存じですか?  
正解は「北海道の函館」「長崎」「神戸の六甲山」です。  
今はもう秋真っ盛りで空気も澄んでいますので、皆さんも機会があれば、展望台等高 で夜景を楽しんでみてはどうでしょう?  
でも見る時は、防寒をしっかりしないと、寒くて風邪を引きますからね(笑)。

今日は、ここまでです。

2020年10月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「ぼたもち」と「おはぎ」

皆さん、こんにちは!

先日は「秋分の日(お彼岸)」、昨日は「中秋の名月」でしたが、この時期に食べる代表的なスイーツ(お菓子)は、何だか分かりますか?  
正解は、春分の日に食べるのが「ぼたもち」、秋分の日に食べるのが「おはぎ」です(笑)。
今日は、この「ぼたもち」と「おはぎ」の話です。  
実はこの2つは、基本的には同じものです。  
ぼたもちの「ぼた」は春の花である「牡丹」の事で、おはぎの「はぎ」は秋の草花である「萩」に由来しているそうです。  
ただ両方入っている「あん」の原料となる「あずき」は、秋に収穫されます。  
新鮮な「あずき」が多い秋は、皮ごと調理する「粒あん」、収穫から時間が経ち皮が固くなった春には、皮を取り除いた「こしあん」を使うそうです。  
これが「ぼたもち」と「おはぎ」の異なる点です。  
理解できましたでしょうか(笑)?  
秋が深まるこの時期、たまには月を見ながら「おはぎ」を食べてみてはいかがでしょう?  
但し、食べ過ぎると太りますから、ほどほどにしましょうね(笑)。  

今日は、ここまでです。

2020年10月2日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin

「神無月」

皆さん、こんにちは!  

いよいよ来週から10月ですね?  
10月は和暦では「神無月」と言いますが、知ってましたか(笑)?  
知っていたという人に再度質問、では何故「神無月」というのでしょうか?  
今日は、その語源・理由について述べたいと思います。  
神様が無い月と書いて「神無月」、神様が在る月と書いて「神在月」といいます(笑)。  
つまり10月は、全国の八百万の神様が一部の留守神様を残して、「出雲大社」へ会議に出かけてしまう(出張?)=神様が無い月、がその理由です。
その為、逆に出雲地方では10月は「神在月」といいます。  
では出雲に集まった神様は、出雲大社で何をされているのでしょう?  
出雲大社に集まった神様は、「一人一人の運命や、縁を話し合う」とされています。  
又来年の天候、農作物の収穫や酒の出来栄え等も話し合うとされています。  
皆さんも機会があれば、一度「出雲大社」にお参りされてはどうでしょう?  
よい「ご縁」に恵まれるかもしれませんよ(笑)。  

今日は、ここまでです。

2020年9月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin