「鉄斎展」

pic_c186

皆さん、こんにちは!

現在、兵庫県立美術館で「鉄斎展」が開催されていますので、家族と一緒に見に行って来ました。
鉄斎とは「富岡鉄斎」の事で、江戸末期(幕末)・明治にかけて活躍した「近代文人画の巨匠」と言われる人です。
今年は、その富岡鉄斎の生誕180年にあたる為、開催されたものです。
富岡鉄斎自身は、自分は画家ではなく学者だと言っていたようですが、作品は風景画・仙境図(山水画)・人物画・神仙画・風俗画等、多岐にわたっています。
ただ作品を個別に見てますと、太い線が好きな人だったのかな? と思える作品が多かったです(笑)。
5月8日まで開催されていますし、館内は割りと空いていますので、皆さんも一度見に行かれてはどうでしょう?
明治時代の知識人の精神・世界観に触れる事ができますよ!

今日は、ここまでです。

2016年3月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : admin